input type="search"

株式投資大学

生き残れ、儲けるのはそれからだ

様々な教えがあります

どの教えも正しきものは最終的に自己に委ねることになります。

なかでも自己啓発は西田文朗氏が最強です。

彼の書籍やYouTubeの価値は500万円を払っても聞いたほうがいい内容であります。

それが無料で聞けるのはいい時代です。

私は過去の偉人の格言をよく読みますがやはり生きていることが重要だと思います。

それは現在の環境に適している助言になるからで具体性があります。

しかし残念なことに言葉とは死んでしまってから価値が高まりやすいです。

もっと早く大事な言葉に気づけたらそれだけ大きな恩恵を受けれます。

ですからそうした言葉に耳を傾けるほうが早期の成長が可能になります。

大きな野心や夢を実現できるかはその言葉を自分に還元できるかにかかってます。

つまり受け入れすぐ行動が大事です。

読者のみなさんも巨大な夢と成功者の言葉に耳を傾けそれを行動に写す。

これをするだけで実現するのです。

大きな希望は不安を払拭します。

価値観

私は貧困層であります。

妻と子供一人がいたが結婚して早く3ヶ月も立たずに離婚を告げられた。

その妻の意思は固い。

私は幸せから絶望に一気に突き落とされた。

元妻を恨むつもりはない。

すべての事を受け入れました。

私はこの貧困と向き合い投資をして必死に脱出しようとした。

しかしこの投資が元妻にとっての価値観が合わなかった。

私は少ない給料でお金を節約して投資をはじめた。

その節約をケチに思えたらしい。

生活費などはすべて支払いをしたがそれでも元妻の浪費は収まらなかった。

一般的な考え方だと思う。

しかしラットレースにはまる一番の原因だ。

無理におわず私は私のやるべきことに専念した。

いろいろ考えたところで私には投資でお金を稼ぐしかなかったのだ。

人間はなにもなくなったときは一時的に絶望する。

しかしもう失うものはなにもないわけだ。

どんなに辛かろうが涙を流そうが結局、前に進み続けることしかできない。

私自身、大変未熟な人間です。

こうした崖っぷちの状態や失敗は多かった為に、、

絶望に対する免疫が非常に高い。

この絶望が私の行動力、原動力になります。

・まず本を読む頭の悪いことを再認識して再び心理学の本や脳化学の本を読んで人間とはどう動くかを学びました。

・お金に対する意識を考え直しました。

普通以下の人間が普通以下の考えで運用したところでお金持ちにはなれない。

税金、金融リテラシーは改めないと稼いでも使いラットレースにはまる。

・投資についても自分になにがいいか知る必要があった。

株式→可能
不動産→jREITのみ可能、他はできない
債権→可能だが効率が悪い
金→生半可な知識でやるものでない
ETF→可能だが効率が悪い
ライター→可能だが時間が掛かる
労働→可能、私の歳では50歳になると退職

・自己啓発についてはポジティブな人はいらないと考えます。

私はネガティブな面が非常に強かったからかなりのマインドセットをかけ続けています。

人間の脳はだいたい矮小な発想しかできないです。

価値観すらこれに起因します。

・幸せについては賛否両論あると思うがお金=幸せではないが幸せを維持するのにお金は必要です。

また幸せは自身の為に努力し続けた人間が与えられるもの。

これは求めるものではなく与えられるものです。

他人に幸せにしてもらうということは本質的に違うものです。

私の価値観はこんなところだ。

この価値観は常にアップグレードする必要があります。

思想は賢人に学び。

稼ぐ事は成功者に学び。

失敗は自分と歴史に学び。

幸せは感じることです。

どんなときも自分を信じる事。

他人の評価ではなく自分の納得できる生き方をする事です。

中国の国民性

私は集中投資が基本的な戦略です。

そして前記事の彼女も同じ以上の手法をずいぶん前に取りすでに結果を出して早期リタイア可能な状態でした。

私は中国の国民性を前に調べていた。

そのことを書こうと思います。

・家族を重んじる。

・効率性を重視する。

これは株式投資にフィットしている。

この2つは欠かせない要素です。

テレビで写されている中国は野蛮なイメージを植え付けるメディア戦略だ。

少なくとも家族を大事にしなくてはならないのは日本には欠けている。

さらにひたむきに努力するだけの日本人はすでに通用しない。

ゆえに学ばなければならないところはすべて吸収しなければならない。

投資をすることは重要だがただ努力するだけでは投資で稼げない。

お金にはパワーがある。

兵力のようなものだ。

無駄に金を使うと兵がしんでしまう。

生かさねばならない。

増やさねばならない。

それには合理的、効率的な判断が必要です。

また情緒を安定させなければならない。

さらにこの稼いだお金は家族に還元しなければならない。

もちろん、感謝の気持ちであり成金ではない。

また善行は小さくても行わなければならない。

目の前の人を導かず稼ぐことに没頭してはいけない。

こうした理念が中国にはある。

まさに意気投合だった。

私はジムロージャス氏がいうように中国が世界の覇権を握るときがくると考える。

彼のYouTubeに出演している話を聞かなければ中国は共産主義の国でしかないと考えなかった。

米国の時代も崩れ日本もいずれ巻き込まれる。

なんという掛け合わせだろうか。

これに乗じて中国が覇権を取るイメージが拭えない。

国の強さが違う。

アメリカには三大投資家がなきあとでもまだ多くのユダヤの富裕層の方がいるからなんとかなるはずだ。

今の日本の老人政権は末期状態だ。

ただ介護のレベルは高水準です。

これはいづれ世界に注目される。

問題は利益化がしづらい点です。

ただ、機械と化学も高いレベルにあるからこうした要素を含めば介護の自動化としてのビジネスはできるはずだ。

もちろんクライアントは世界の医者や施設経営者です。

また中国をはじめアジアの市場を得れば日本にも希望はあります。

戦争で被害を与えた分、テクノロジーを寄与して貢献すれば許されはしないがリターンにもあやかれる。


中国に実際にいく必要がありそうだ。

香港、深圳の様々な場所を巡り投資先を検討したい。

中国人投資家とコネクションができた件 2

まさに天地の差だった。

彼女との差は歴然でした。

年下である彼女の資産は私の30倍でした。



中国の銘柄を話し合いました。

テセントの話がでた。やっぱり馬化騰はすごかった。

アリババは上がりはじめているが彼女は興味がないという。

まあそういうことだ。

中国とはもしかしたらもうすでに米国を越えているかもしれない。

現地の人から聞くに間違いはなさそうだ。

それから銘柄を勧められた。

ただ財務諸表が中国語で読めない為、彼女を信じるだけの投資になってしまう。
これは非常によろしくはないが彼女の言葉には説得力があった。

さらに頑張って少しだけ利益を出して喜んでいた私は自分の小ささを情けなく思えた。

【失望したか?】

と聞くと彼女は、、

【君の人柄が好きだ】

と答えた。

私はとにかく稼いで稼いで稼ぐしかない。

今の自分は底辺だと認識し学習し結果をだし続けるしかない。

逃げ腰ではいけない。

もう死んだものと思い覚悟を決める。

ハイリスクを取りきちんと管理する。

自分の力の無さを嘆くより力をつけることにのみ集中する。

とにかく海外の情勢を知ろう。

日本より米国より中国だ。

伸び代が深い。

あたり前だが今日は確信を得た。

中国は間違いなくくる。まだ全体は割安だ。

戦争は株式市場でやってほしい

代理戦争は株式市場でやってほしいです。

私は不安定を好み、暴騰、暴落を好みます。

安定した相場は魅力を感じません。

しかし最近はいい傾向です。

暴落の兆しが見えます。

大暴落が本格的な投資のスタートになります。

成功や失敗は繰り返す必要かあります。

さらなる向上の為に!

なにも恐れることはいりません。

【失敗は学習の価値があり、

成功は利益を伸ばせるからです】

いくら失えどまた得ればいいだけです。

10万円配り横行と対策

はいはい、TwitterやInstagramでも下品なものが横行しています。

稼ぎかた応援とか10万を配りますとか。

そこまでいうならもらってあげましょう!

私が提案する対策はこうです。

【とりあえず振り込んでもらっていいですか?】

これで十分。口座を聞かれたらは適当な数字をいいます。

日本には富裕層はそこまでいませんからもちろんお金はもらえません。

前澤氏ぐらいでしょう?

お金持ちやエンゼル投資家はこんな下品な配りかたはしません。

お金は自分で稼ぎましょう!

中国の投資家とコネクションができた件

きっかけはTwitterだ。

ダイレクトメッセージがきた。

日本の証券会社に関する質問でした。

彼女は深圳に住み主に香港株に投資しています。

なまりはあるが日本語が喋れる!私はニーハオぐらいしかわからない、、

中国が好きな私と意気投合。

深圳にくれば案内をしてくれるみたいだ。

もちろん私も日本に来れば案内をするといった。

深圳は非常に興味深いです。

自動運転のタクシーに乗ってみたり、

シートベルトを取り締まるドローンをみてみたい!

中国株を非課税で取引したい!

とりあえず感染が静まったら行動に移します。

ひたすら野心を持ち稼ぐべし。

2021,01,18,ウィルスナビ記録

ウィルスナビの実録情報をお届けします。

投資資金 100,000円
積み立て 0円
リスク設定 5(株式メイン 81%)

現在価格 101,887円

積み立て解除しました。元本割れしてないからいいですが暴落が予測できるので暴落してから資金を流動させていきます。



2021,01,18,8:00

反逆の精神

反逆精神

これはすごく大事なことです。

社会の評価は正しいわけではないということです。

歴史は幾度とそれを証明してきました。

偉大な投資家がそういうからそうする。

偉大な成功者が作ったセオリーが正しい。

そんなものは幻想に過ぎないです。

まだまだ発展途上であるという認識が必要でセオリーなんていうものはその過程に過ぎないです。

大事なことは疑問を持ち続けることです。

なぜ?どうして?それは本当に?

研究した結果がそうだとしてもそれは現段階で正しいというだけであります。

これからそれが正しいという保証はまったくないです。

例えば武器で比喩するなら、、

人類が原始時代のときは木の棒が強い武器でした。

身を守る上や大切な家族を外敵から守る為に重宝したでしょう。

それから石を利用した武器に発展してきました。

それから鉄を利用した銃が出てきました。

現在でも銃が強い武器ですが、、

爆弾や核兵器という最強の兵器も開発されました。

しかし、戦争や紛争がなければこんなものは意味をなさないです。

つまりすでに必要のないものに代わりつつあります。

今の投資は人類史で考えれば石の武器のレベルではないでしょうか?

まだまだ改善と発達の見込みがあります。

しかし既成概念というものに縛られていたり失敗を恐れていれば改善の見込みなどはありません。

恐らく私のいうことは愚者のレベルかもしれません。

しかし賢いふりをしてセオリーから抜け出せないことは成長や発展の足かせにしかなりません。

もちろんセオリーは大事なことです。学ぶ必要が当然あります。

その上でセオリーの盲点や弱点を気づく必要があります。

それに気づけない人は機関投資家や海外投資家の餌食になるでしょう。

もし日本の株式市場で結果を出すには機関投資家や海外投資家の大勢力を食い物にされず食い物にしなくてはなりません。

巨大なものの弱点は巨大過ぎる点です。

足跡や痕跡がチャートや板に出てしまいます。

つまり動きが捕らえやすいことです。

彼らの存在は恐怖的なものではあり脳も警告します。

しかし怯えているだけでは対した成果が出せません。

何度も自分にいい聞かせる必要があります。

【私は他の人とは違う】

【恐れない】

【機関投資家や海外投資家、偉大な投資家も絶対に食い物にしてやる】

自分が恐怖することを巧みに操る

今回は投資家としてとても大事な話になります。

自分が恐怖することを巧みに操る方法

これは遺伝子と脳の仕組みが関係しています。

本当の成功とは自分が最も恐れるものの先にあります。

投資家なら間違いなく【大暴落】になります。

優秀な投資家は大暴落を巧みに利用し、

並みの投資家は大暴落をただ恐怖する。

優秀な投資家は大暴落をも望み、

並みの投資家は上昇だけしか望めない。

上昇だけなら対して稼げないが大暴落ののちにエントリーをするとかなりの富を稼ぐことができます。

つまり市場は定期的にリセットされるべきです。

そのほうが株価の伸び率が高くなります。

しかし大損をするのがなにより怖いのが投資家です。

人間の脳は文明ができる以前より自分の身を守るため恐怖するという仕組みがありました。

さらに損失は利益より深く脳内に刻みこまれます。

この仕組みを理解し逆手にとる人が大成功を納めることができます。

安全圏にいたいという人間の心理があります。

しかし安全圏では対したリスクがとれずもちろんリターンが薄いのです。

ゆえに【積み立てNISA】【ドルコスト平均法】では稼げるわけがありません。

理由は当然、、

【割安で買い割高で売る】

これが必要不可欠だからです。

買い【エントリー】を平均化したら稼げるわけがありません。

このことは賢いだいたいの人が気づいていることではあります。

つまりハイリスクをとらずにハイリターンをとれません。

【脳は安全圏や煩悩、普通、なにもしないことや行動しないことを好みます】

これを理解できない人は言葉どおり大衆化して大成功など納められるわけがありません。

あとは状況というものを理解する必要があります。

FIREの作者は株で元手を少し増やしたのちハイリスク、ハイリターンの不動産投資で早期リタイアをしました。

またFIREの著者の生きた時代と今が異なること。

これが理解できないで人生をリタイアを目指せるほど投資は甘くないです。

恐怖、ハイリスクと向き合いしっかりと管理してこそ真の成功が手に入れます。

あなたは恐怖としっかりと向き合うことができるだろうか?

お金が少ないと知性も低下する

ハーバード大学が研究した結果、お金がないと不安にいっぱいになり知性が低下するという。

つまり経済とIQは関係しています。

医者や稼ぎの多い経営者の子は比較的優秀です。

これは当然なことです。

貧困は知性や幸せの最大の敵になります。

収入と支出を計算できない人は算数ができないのです。

もしあなたが貧困に苦しむのならまず稼ぐ方法と知性を求めることをしなくてはいけません。

知性の欠落は人格にも悪影響をもたらします。

不安が原因です。

しかし知性あるものにとって不安は活動の原動力になります。

今が貧困に苦しいからといってこれからめ貧困が続くとは限りません。

あなたは貧困から逃れるべく死ぬ気で足掻かなければならない。

お金を汚く思う人は自分の心が投影されているだけです。

素直にお金の為に頑張る人はお金の大事さを知ります。

アクセプタンスワードセラピー

成功者の厳しい格言を参考に避けられない現実を受け入れることです。

私はよくジョージソロス氏やアインシュタイン氏、斎藤茂太氏の格言を参考にしています。

現実を受け入れて前向きに進むとストレスやしがらみから解放されます。

本当に使えるのでぜひ参考にしていただきたいです。

きちんと現実を受け入れてしっかりと地に足を踏み夢を現実化させます。

リスク管理と年齢

リスク管理と年齢

結論からいいます。

・【若い人はハイリスクをとる。資産が消えても稼げばいい】

・【老年の人はローリスクをとる。資産を守ることを前提に考える】

投資には年齢が深く関わります。経験がない人はハイリスクをとれるのは30代までです。

学ぶことは前提ですが年齢によってできることできないことがあります。

多くの人が将来の不安から投資を始めるでしょう。

しかしやり方や手法を間違えると痛手が深いのが投資です。

投資を学ぶならハイリスクをとれる若いうちからのほうがいいです。

きちんと向上をさせればいくら資産を失っても時間があれば取り返しがききます。

それだけお金持ちになるチャンスがあります。

しかし出遅れてお金を稼げるほど投資はあまくないです。

お金がたくさんあれば稼げるわけでもありません。

実力が伴わないと利益ではなく損失が高くなりただのギャンブルとまったく変わらないです。

稼げるまで時間がかかります。

失敗が必要です。

そこからリスク管理ができます。

例えば自分の決めたことを守れない人は投資に不向きです。

小さなことが大きな損失になります。

また真面目過ぎてもいけません、臨機応変が体現できない人も投資に不向きです。

継続も大事ですがリスク管理も継続することになります。

苦い意見にはなりますがこれは真実になります。

なにもかもを徹底して行い運がつきはじめて大きな利益ができます。

社会的証明の法則

社会的証明の法則
周囲の他人がやっていることをマネしてしまう法則

【ビットコイン】【積み立てNISA】【FX】などが儲からない典型的なパターンです。

多数がやっていると自分も儲かるという錯覚を覚えることです。

逆に普通のひとではできないものの手法やヘッジファンドのほうが信用が高いです。

流動性を考えると飽和状態になると利益は当然薄くなり、少数や一部でやるほうが独占できる為利益は高くなる。

ライターを目指すなら踏まえていただきたいこと

・文字単価1~30円未満の安い仕事を引き受けてはならない。

・手付金は必ず用意させる。

・自分を安売りしない。

・ブログはクライアントにやらせ自分は執筆に専念する。

・仕事量の少ないクライアントは選ばない

・自己投資や努力を人の何倍もする。

・成立しなければ前向きに自分でブログnoteを運営して執筆の鍛練や向上にむけたほうが効果的。

これからライターの仕事はますます需要があります。

目先の利益を考えるより長期的リターンを考えます。

価値のある仕事です。

安売りするぐらいなら執筆の力をつけて
アルバイトをしたほうが効果的です。またアルバイトでも執筆経験に役立つものを選ぶ。