input type="search"

【株式投資大学】

生き残れ、儲けるのはそれからだ

みなさん、知ってます?

某ファンドが顧客を対象に調べた結果。

投資信託で儲かっているひとは、、

【株式を買ったことを忘れている人】

【株式を買ってもう他界した人】

つまりですね。

【買って放置した人が儲かっている】

このことを考えると割安や配当の高い銘柄が相性がいいかもしれません。

さらに分散投資を推奨されていますが儲かる人は3~5銘柄を集中投資です。

はい、事実はそんなものなんですね~

やはり時間が大事です。

つまり頻繁に売買して利益を出し続けられる人は極少数。

もしデイトレードで僅かでも損大利小にならず利益を出し続けられる人はめちゃくちゃすごいということ。

【手法】混ぜるな、危険

手法によってエントリー【買い又は売り】のタイミングは異なります。

ゆえにデイトレードでエントリーをしたが含み損になったのでスイングに切り替える。

このようなものはやってはいけません。

理由は含み損を拡大させてしまうからです。

スキャルピングなら取引最大時間を決める。

デイトレードなら日を跨ぐことはしないです。

スイングなら1日で手仕舞わない。

長期投資ならとにかく売らない。

最初に決めた手法を成り行きの結果でずらすようなことはしてはいけません。

何度も繰り返しますが前提として手法によって買いポイントが違います。

また順張りと逆張りを混ぜることも危険です。

手法によってシナリオがかなり異なる為、この辺はしっかりとしたイメージを持って取り組みましょう(^ー^)

日経はどこまで回復するか?

日経平均は続落したが日経先物はダウ平均に釣られ折り返しで買われやや回復基調にあります。

はたしてこの回復はどこまで続くか?

また日経平均の下落トレンド5~30分足は解消することができるか?

なかなか難しい展開が続いています。

また調整により上がる株、下がる株の内容が変わり続けています。

グロース株やハイテク株は売られ続けていたがデイトレードでは要所を見て売価をしても大事だと思います。

割安株は一時的な下がりを見せる可能性はありますが余裕資金と相談し買い増しを行うことも考えられます。

私としてはこの日経平均の回復基調はあくまで一時的なものと捉えています。

つまり日経平均に寄与度の高い銘柄の購入は避けたいです。

また割安株の良銘柄を買い増しを行いたいです。

マネックス証券

株価の話ではなくアプリの話です。

取り扱い商品が多いです。

日本株、米国株、中国株、投資信託、FX、ビットコイン、ゴールドプラチナ、先物、債券。

非常に幅が広いメリット。

さらに細かな情報がたくさんあります。

問題はチャートの質が悪い点。

FXのアプリとチャートと比べると株式のアプリはひどいがさらにここは問題があります。

また不正アクセスが増えている点。

不正対策で利便性が落ちるという内容。

はっきりいって改善点が多すぎる為、おすすめはできません。

【節約】投資の根幹

投資で利益をあげる為には投資の根幹には節約が深く関わっています。

収入と支出をしっかりとコントロールして投資資金を捻出する必要があるからです。

節約とは支出の最小化です。

【とにかくケチになれ】です。

食費編

・とにかく卵と納豆です。

こちらは食費の節約でお米抜きに一食あたり15~20円で抑えられます。

お米は茶碗一杯で26円。

つまり健康的で一食50円以下です。

これを1日の2食朝夕だけでもすることが大事です。

また飲み物はペットボトル、缶ではなく紙パックのほうが安いです。お茶は絶対に茶袋のほうが安価です。


固定費編

・固定費で必要なもの以外は節約します。

特に月額課金や保険料の見直しが重要です。

極論ですがこの2つはいらないです。

雑誌、情報編

・基本的に無料で見れる正しいものをみます。

つまりわざわざ雑誌や課金性のものは選ばないし買わないことです。

漫画も無料アプリの無料のものを見ます。

お金の掛かる趣味は持たない編

・ファッション、ゴルフ、外食ではなく株式投資、債券に趣味をおいてリターンの高いものから楽しみを見いだします。



テレビはあまり見ない編

・テレビはお金を使わせる仕掛けがたくさんありますし必要なものだけを見ています。

実際に無駄な時間になってしまうことが多い為、インターネットのほうが必要な知識を早く入手できます。


読書編

・新品は買わず図書館やBOOKOFFを利用します。

半額以下で手に入る場合が多いです。


~まとめ~

お金を使わないこと、節約はお金を稼ぐことに等しいです。

サイフのヒモはしっかりと閉め必要なものだけに投資、消費をして浪費しないようにしましょう!

振るい落とし

振るい落としとは仕手株には一時的な調整があります。

仕手筋が意図的に売りを入れたり、保有株を大量に買い板にぶつけたりするなどして投資家の心理を揺さぶり、株価を一時的に下落させるのです。

そして株価を下げたところで、再び玉集めをします。

ここ最近はこれが目立つようになってきました。

1日程度の小規模なものはスルーでいいと思います。

しかし週単位の大規模の振るい落としをされると利確してでも逃げないといけません。

含み益にもよりますが機関投資家の手口なのでこれが起きると手を付けだした証拠です。

つまり上昇余地はありますがいつでも逃げる準備が必要になります。

なかなか平坦にあがってくれないのが株というものです。

この手口を知ることで利用したいところではありますが下落の深追いでの含み損や売ったところでの暴騰も十分あり得るので慎重にこちらも買い増しを行いたいです。

ルート法

ルート法を紹介したいです(^_^)

逆張りのものですが電卓で簡単に予想できます、、

√(高値×底値)

これで反発する値が求められます。

√(底値×高値)

これで高値から下げ止まる値が求められます。

いずれも長期チャート。日足、月足

また確実な利益を手に入れる為に業績チェックやROEの動向は必須です。

あくまで指標のひとつとして知っていると面白いと思います!

手法を使うタイミングを見極める

株式投資、FX、ビットコイン、まあいろいろな金融商品がありますが、、

手法ばだいたい決まってます。

瞬間的に利益を上げるスキャルピング

1日のなかで利益を最大化せるデイトレ

2日以上数ヶ月に及ぶスイング

何年以上の長期投資

扱うもの、商材、トレンドによって合わせる手法がかなり違います。

要するに適材適所できちんと手法と相場に噛み合わせることが大切です。

今の相場のトレンドの方向を理解してその状況に応じた手法使いましょう!

また手法を磨くことも必要になります(^ー^)

日本株のメリット

日本株のメリット

ざっくり簡単にいきます。

・情報が入りやすい。

・乱高下をしてくれる。

・一応、世界で三位の経済大国。
(そのうち下がる)

・外国人投資家に人気。

書いていて思ったが割りと中級者向け以上の相場ですよね。

米国とかのほうが最初はいいと思います。

ただ、デメリットにも思える乱高下が日本株のメリットです。

それを使うためには順張りと逆張りの使い分けが必要になります。

逆張りは非常に難しいです。

しかしこれは下落相場で生き抜く為には必須です。

割安と逆張りは相性がいいが、

成長は順張りのほうがいいです。

日経連動銘柄は空売り

日経平均連動銘柄は空売りチャンスです。

失うものがいれば得るものもいます。

日経平均は5~30足でも下落トレンド。

日足でも下方向に向いています。

トレンドを味方につけて落ちる銘柄で空売りで利益を出し続けられるチャンスです。

反発に注意して持ち越しはさけたいですね。

グロース株あたりが空売りチャンスが多いと考えます。

投資ではガンガンいこうぜ→✕

投資ではガンガンいこうぜ。

これはなにたちづらいです。

どちらかといえば、、

いのち【資金】を大事に。

これのほうが強いです。

孫子の兵法を愛読する私は生き残ることを前提で物事を計ります。

ただ、あきらかに強気な相場ではガンガンいこうぜがいいのですが、、

直近の日経平均が5~30足まで下落トレンドを構築している現状。

やはり守備を徹底。

エントリーは少なく、着実に日経平均に連動しないで上がる銘柄を探します。

ゆっくりでいいのでしっかりと階段を上がるような株が賢明です。

さらにいえば1ヶ月以内に大暴落があってからのゆっくりと上昇に転じる銘柄が強いです。

探せばあるものです。

中国人投資家とコネクションができた件6

もうわかる人はわかるだろう。

彼女とやり取りをするなかで不信な点があったが好奇心のなかでありスルーした。

彼女の指示で株を購入すると注文履歴をスクリーニングで送るように言われた。

私は騙されたふりで送る。

彼女は次は叔父さんの指示でいう株を決められた価格でかうようにいう。

さらに投資資金の増額を求める。

私は彼女に提案した。

400万円を貸してくれ。

500万円で返すと。

彼女は豹変しパスワードを聞く始末。

明らかな黒である。

まあ典型的な詐欺の手口でネットで香港株、ビットコイン、FXで多発している。

まったく手口は巧妙だがワンパターンだ。

美女、投資、外国、取引所の重役と知り合い、数日でリターン100%。

これらが複数重なれば詐欺の可能性が高い。

面白いので割りと長めに追ってみた。

当たり前だが投資判断は自分で決めるほうがいい。

いい株は含み益をもたらす

いい株は含み益をもたらします。

わるい株は含み損をもたらします。

すべては買うタイミングです。

いい株になるかわるい株になるかは結局は買うタイミング次第です。

上がる銘柄を追うより下がる銘柄を追うほうが合理的です。

しかしすべては優良企業である前提です。

優良企業でないと上がる見込みが仕手筋以外になくなってしまいます。

つまりいつ上がるかわからないのです。

逆張りでは良い会社の悪材料こそが利益に直結します。

また配当がしっかり出る会社はずっともっているほうがいいです。

株式投資は辛いなら、、

株式投資が辛いなら休むべし。しかしやめることは機会損失。

株式投資は辛いときがあります。

打つ手打つ手が逆手になってしまうこともあります。

努力が実らないこともあります。

そんなときは含み損の銘柄をすべて損切りし、含み益の銘柄を保有します。

売買はあえてせずに含み益の銘柄だけを監視するといいです。

まだ上昇余地があれば保有を続け、下落が3日続くようなら利益を確定させます。

また余暇ができるようなら読書でもいいし運動でもいいです。

自分の心が前向きになるような株式取引以外の好きなことをするといいです。

休むも相場。

ただ、反省をして過ごすぐらいなら自分のやりたいことをして過ごしたほうがいいです。

モチベーションが上がりまた株式投資をしたいと前向きに思えたなら取引を解禁すればいいです。

人生は心豊かに過ごすべきです(^ー^)